記事一覧

松浦機械共栄会 ドイツ視察旅行 2 AMBショー視察

ファイル 341-1.jpgファイル 341-2.jpgファイル 341-3.jpgファイル 341-4.jpgファイル 341-5.jpg

18日にはヨーロッパの工作機械ショーとしてはEMOショーに次ぐ規模であるAMB(ドイツ金属機械加工展)を見学しました。
メッセ・シュツットガルトという東京ビックサイトの2倍近くある会場(9館)にて開催。
出展者数や来場者数の詳細なデータはありませんが、3時間という限られた時間の中でひたすら歩き、なんとか全館踏破することができました。

日本からの出品メーカ(確認できたところ)

松浦機械製作所、FANUC、アマダ、マザック、オークマ、森精機、牧野フライス、エンシュウ、津上、ソディック、三菱重工、三菱電機、、住友イゲタロイ、タンガロイ、ミツトヨ、椿本チェン、日研工作所、MST、サンドビック、イスカルなど

松浦機械共栄会 ドイツ視察旅行 1

ファイル 340-1.jpgファイル 340-2.jpgファイル 340-3.jpgファイル 340-4.jpgファイル 340-5.jpg

9月15~21日のちょうど1週間、当社のお客様であり当社の主力扱いメーカ様である松浦機械様の共栄会によりドイツの視察に行ってまいりました。

ドイツ松浦機械(MMG)様はフランクフルトから約1時間、Wiesbadenという工業団地にあり、ドイツ国内(MMG)とヨーロッパ(MEG)の営業拠点として活動されています。
営業とサービスということで約1200台の稼働中の機械をフォローしているとのことです。
MEG(松浦ヨーロッパ)の鞍津輪社長の通訳でMGG(松浦ドイツ)のクラインマン社長により案内いただきました。

その後、松浦機械様の大口ユーザであるinnotec社を見学し、複合MC MAM72などの機械による優れた機械加工の現場を視察いたしました。

リンク集