記事一覧

幻の逸品シリーズ~キングフィルム

ファイル 832-1.jpgファイル 832-2.jpgファイル 832-3.jpg

うちの実家には、未だに不思議なモノが発掘されます。
以前、幻灯機を紹介したことがありますが、それと同じような場所に、こんなフィルムが保存されていました。

「キングフィルム 面白くて よくうつる 家庭映画」
「ギャグンの最後」
「冒険ダン吉 歓迎 野球大会」
「彦左衛門と左甚五郎 珍猫騒動」

超貴重なフィルムだったりして。

幻の逸品シリーズ ~ SONYポータブルCDプレーヤー

ファイル 827-1.jpgファイル 827-2.jpgファイル 827-3.jpg

なんと我が家のSONYポータブルCDプレーヤーが 未来技術遺産として選ばれたではありませんか!

今から35年ほど前、大阪で寮生活をしている時に3人部屋で静かに音楽を聴くために購入したもの。
なかなかこれを大切に保管している人はいないでしょうね。

多分2代目,SONYウオークマンもありました。
なかなかレアなバージョンです。

幻の逸品シリーズ パーフェクト・コミュニケーション・トライアングル

ファイル 815-1.jpgファイル 815-2.jpgファイル 815-3.jpg

本社改修工事が全て完了してほっと一息ですが、片隅にこんな幻の逸品を展示しています。

これは、今からちょうど30年前、1989年にCI~ゴールデンフェア~70周年という流れの中期経営計画の時に、私が考案したゴールデンフェアなどの展示会を象徴する考え方を形にしたものです。

本社社屋改修工事を機に、設計事務所の先生が「このオブジェをリニューアルしましょう」ということで、生まれ変わって展示されています。

当時のパンフレットには次のように書かれています。
「創業以来、私たちはヒトとヒトとを心でコミュニケートするメッセンジャー集団として、地域の発展と豊かな生活空間づくりに努めてまいりました。
福井のお客様と素晴らしいメーカー様を私たち吉岡幸が結んで実現する、コミュニケーションのトライアングル。
人とモノの新しい出会いはここから始まります。」

私の考える「みんなが幸せになる」の原点は、創業者の思いであり、具体的な形に表したのは、このトライアングル(三位一体)なのです。

幻の逸品シリーズ 幻の幻灯機 2機種

ファイル 814-1.jpgファイル 814-2.jpgファイル 814-3.jpg

メモリアルな5月にもかかわらず、数少ない投稿になってしまいました。

さて、今回は旧本社を取り壊すとき(もうかれこれ5年ほど前)にかろうじて、命拾いした幻の逸品。
幻灯機は15世紀以前に西洋で考案され、当初はランタンでイメージを拡大していたもののようです。

ブリキで造られていてさびはひどいですが、レバーを回せばフィルムも回るのではないかと思われます。
レンズもついていてフィルムも残っているので、いつか手直しをしてみてみたいですね。

今日から令和、レアな令和にかかわる逸品

ファイル 811-1.jpgファイル 811-2.jpg

今日から令和、いよいよ始まりました。
新元号「令和」明けましておめでとうございます。
さて、私の実家でレアな令和にかかわる重要な逸品を発見しました。
退位された先の天皇陛下が皇太子時代、美智子様とご結婚された時の記念メダルです。
当時(昭和34年)、粟井鋼商事株式会社様の社長様かもしくは会長様が大阪市会議長に在任時に、記念してお客様に配られたものだと思いますが、なかなか思い切ったことをされたんですね。

令和という時代が平成からつながる平和な時代となることを切に願いたいものです。

幻の逸品シリーズ ~ 計算尺

ファイル 790-1.jpgファイル 790-2.jpgファイル 790-3.jpg

古めかしいノギスと同時に発掘したのは、三菱電動ホイストのノベリティ~計算尺!
これぞうわさに聞いた計算尺でしょうか?!
私自身はほとんどお目にかかったことのない計算尺です。
このコーナーでカシオの電卓を紹介しましたが、電卓が現れる前は、こういったもので計算していたんでしょうね。

http://www.yoshiokakoh.co.jp/cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=688

よくよく見ると円周率も大体この辺ってところに「π」の記号が書かれているので、わかりやすい!
が、使い方は不明。

幻の逸品シリーズ ~ 古めかしいノギス

ファイル 789-1.jpgファイル 789-2.jpgファイル 789-3.jpgファイル 789-4.jpgファイル 789-5.jpg

気が付いたらもう12月も中盤、いよいよ2018年、平成の世もあと半年、あせるな~!
あまりのあわただしさにブログの更新をすっかり忘れてました。
ということで、先日、父親(社主)の古い書棚を整理していると古めかしいノギスが出てきました。
なかなかレトロな風合いで、幻の逸品と認定!

幻の逸品シリーズ~福井博キーホルダー

ファイル 775-1.jpgファイル 775-2.jpg

これは1980年4月19日から同年6月30日までの期間、福井県産業会館にて開催された「福井文化・産業博覧会」通称「福井博」のキーホルダーです。
表面にはFUKUI100のロゴが、裏面には越前ガニの絵柄と福井博1980という文字があしらわれています。

石川県の一部だった福井県が1881年に再設置、100周年を記念し高度成長期における福井県の文化と産業をてんじしたようです。

それにしても一時期福井県が無くなっていたとは。
福井藩が廃藩置県により1871年7月に福井県となり、12月には足羽県と改称、1873年1月には敦賀県が足羽県を再統合、さらに1876年8月に敦賀県が廃止、嶺北が石川県、嶺南が滋賀県に分属という時期も。そして、1881年2月に嶺北と嶺南を合わせた福井県が設置されたということです。
このキーホルダーのFUKUI100にはそのような歴史が刻まれていたのでした。

幻の逸品シリーズ 第23回 福井国体の品をまとめてみました。

ファイル 771-1.jpg

昭和43年の10月1日の開会式から6日間、24256人の選手が福井運動公園を中心に国体が繰り広げられました。
今と違って宿泊事情も悪かった状況の中、写真にもあるように今で言う民泊、指定宿舎を私のじいさん(創業者)も受け入れてたんでしょうね。
あれからちょうど50年、福井での2回目の国体が開催されます。

 福井しあわせ元気国体 9月29日(土)~10月9日(火)
  (第73回国民体育大会)
 福井しあわせ元気大会 10月13(土)~10月15日(月)
  (第18回 全国障害者スポーツ大会)

幻の逸品シリーズ ~ 謎の優勝カップ

ファイル 766-1.jpgファイル 766-2.jpg

会社の中を 整理整頓していると突然出てくるものです!
なんだこれ?

    社長杯

 (株)吉岡幸商店 

かなり古い優勝カップでボーリングかソフトボールぐらいかなと思ってリボンを見てみると、、、、、

なんとそこには「優勝 第1回 アーチェリー大会 ・・・・・」

えっ? アーチェリーって?

そんな大会、本当にあったのか?  どうやら、1回限りで2回目はなかったのですね。

もし、このブログをご覧のOBもしくは先輩社員さんで、この謎がわかる方、私に教えてください!

ページ移動

リンク集