記事一覧

福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会 感謝状贈呈式

ファイル 695-1.jpgファイル 695-2.jpgファイル 695-3.jpg

福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会への協力と言うことで、感謝状を頂きました。
両大会は2018年の9月~10月にかけて開催されます。
県営体育館をはじめとする各競技施設の整備もほぼ終わり、これからはソフト面での県民上げての盛り上がりに力を入れるタイミングになってきたのだと思います。
大会が成功するように我が社も協力していきます。

ところで、弊社にも棒高跳びの選手が今年の新入社員として入社されました。
大会に向けて全社上げて応援していきたいと思います。

平成29年度 入社式

ファイル 692-1.jpgファイル 692-2.jpgファイル 692-3.jpgファイル 692-4.jpgファイル 692-5.jpg

今年は7名の新入社員を迎えての入社式です。
男性2名、女性5名の新入社員の皆さんは元気いっぱい入社式に臨まれました。
売り手市場と言われていますが、優秀な社員が我々の仲間に入ってもらえて、大変喜んでいます。
今日から研修が始まりますが、1日も早く会社の戦力になってもらいたいものです。

春、ガラスふき

ファイル 690-1.jpgファイル 690-2.jpgファイル 690-3.jpg

毎月初めにガラスふきとマット洗いを全社員でやっています。
4月3日には新入社員を迎えるので、いつも以上に丹念に磨き上げ、気持ちよく新入社員を迎えたいものです。
さくら通りの桜はまだつぼみのまま、昨年の入社式では「満開の桜が・・・」と紹介したような記憶があります。

熊本応援グッズ~エバラの「くまモン」

ファイル 689-1.jpgファイル 689-2.jpg

ポンプのメーカ・荏原製作所さんが、熊本県の応援グッズ「I♡KUMAMOTO くまモン」をつくりました。

https://www.ebara.co.jp/news/2017/pdf/20170123.pdf

2月1日から3月31日まで「家庭用給水ポンプ エバラフレッシャーミニ HPE 型」の売り上げから1台につき500円を熊本県へ寄付するということです。家庭用の井戸ポンプは災害の時のライフラインに欠かせません。阪神淡路大震災、東日本大震災、そして熊本地震の時に井戸水が活用され復旧の役に立ったのです。

2つの旭日双光章受賞記念祝賀会

ファイル 687-1.jpgファイル 687-2.jpgファイル 687-3.jpg

私どものお客様である木下工業株式会社 木下会長様と新富産業株式会社 冨田会長様が、昨年秋の叙勲を受けられました。
心よりお祝い申し上げます。
両者はそれぞれ建設鉄工業、管工事業において長く業界をリードしてきた会社であり、本当に尊敬する経営者であられます。
このほど、両者同日にザ・グランユアーズフクイにおいて受賞記念の祝賀会を開催されました。
非常に和やかで華のあるパーティに笑顔がいっぱいでした。
弊社はそれぞれの祝賀会で発起人という立場を拝命され、非常に名誉なことでありました。
これからも、しっかりと両社に寄り添い福井の発展のためにお役に立てることができれば幸いです。

就活戦線始まる!

ファイル 686-1.jpgファイル 686-2.jpgファイル 686-3.jpgファイル 686-4.jpgファイル 686-5.jpg

3月1日の会社説明会を皮切りに大学生の就職活動が本格化、弊社も福井県産業会館で行われた合同就職セミナーに参加しました!

平成29年度 上期全体会議

ファイル 684-1.jpgファイル 684-2.jpgファイル 684-3.jpgファイル 684-4.jpgファイル 684-5.jpg

国際交流会館で平成29年度上期全体会議を開催致しました。
昨年は大変厳しい1年でした。しかしながら、中期計画を確実に進めることにより、まちづくり・ものづくりを応援するトータルサプライヤーとしての企業基盤づくりをしてまいります。
会議ではそれぞれの部門や支店、グループより本年の目標売上と取り組み方針について発表、決意表明の読み上げで意思統一を致しました。

平成27年 新春全体会議

ファイル 682-1.jpgファイル 682-2.jpgファイル 682-3.jpgファイル 682-4.jpgファイル 682-5.jpg

平成29年 新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
皆様方には旧年中は大変お世話になりました。
さて、昨年はあまりにも大きなニュースが多かったので数行では振り返ることのできない1年であったといえます。それぞれのニュースが良いことも悪いことも、今、生きている時代を変革していく要因の1つとしての存在理由があるのだと思えてなりません。
そのことによって、本年、私たちを取り巻く様々な環境は大きく変わり、世の中が急速に進歩すると思われますので、一人一人が後れを取ることなく確実に成長しなければならない1年だと考えています。
そのような世の中を生き抜くためには、人も企業も健康であり続けなければなりません。吉岡幸は2年後に控える創業100周年に向けて、少しずつではありますが社員が働く環境の質的な向上を目指します。また、昨年から取り組み始めた石盛ベイスと二の宮ベイスのリフレッシュ事業、そして、加工やエンジニアリングといった新規事業を軌道に乗せます。このような思いを込めて、今年は次のように書き初めを致しました。
「健幸 飛商 ~ 磨く・響く・輝く」
「みんなが幸せになる」を基本理念に、健幸と笑顔があふれる職場でトータルサプライヤーとしての役割を果たすべく、鳥が大空をはばたくような飛躍の1年にしたいと思います。

本年1年間、皆様と一緒に歩んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

<<100周年に向けた3つのステップ>>
2017年は磨く 人も企業も健康であり続けるためには、会社も個人も磨き上げなければなりません。

2018年は響く 5年ぶりのゴールデンフェアで、お客様とメーカ、仕入れ先、そして、私たちが響きあうことが大切です。

2019年は輝く 創業100周年を迎えるこの年は、3か年計画のゴール、お客様も仕入先もそして、社員もみんなが輝ける年になるようがんばります!

*写真は、新春全体会議の模様、神明神社にて

新年あけましておめでとうございます。

ファイル 681-1.jpgファイル 681-2.jpg

好天に恵まれ、さわやかな年明けになりました。
旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

建設・産業資材のトータルサプライヤーとして、まちづくり・ものづくりの応援ができるよう、取り組んでまいります。
本年もよろしくお願いいたします。

鹿島アントラーズ 井畑社長 来社、幸道塾で大いに語る!

ファイル 680-1.jpgファイル 680-2.jpgファイル 680-3.jpgファイル 680-4.jpgファイル 680-5.jpg

第9回幸道塾の講師には、前日クラブワールドカップで準優勝を果たしたばかりの鹿島アントラーズ井畑滋社長に登場していただきました。
井畑社長は今から10年前住友金属工業㈱様の北陸支社長として大変お世話になった縁もあり、私たちの幸道塾の講師を快く引き受けていただいていたのです。
まさか、18日のクラブワールドカップ決勝戦に進むとは考えてもいなかったので、本当に来ていただけるのかと心配しましたが、約束を果たしていただけました。
それにしても、決勝戦は素晴らしい戦いでした。柴崎選手の2点目のゴールが決まった時には、心の底から優勝を願ったものです。結果はともあれ、世界のクラブ約30万チームの中の第2位は素晴らしいの一言に尽きると思います。
幸道塾では井畑社長より茨城県の鹿島地区を中心とした街づくりについて、Jリーグがスタートしてから今日までの取り組みについて熱っぽく語っていただきました。