▼TopPage > 会社概要 > 平成23年新年ご挨拶

新年ご挨拶

平成23年新年のご挨拶

 

 代表取締役社長 吉岡 正盛

 

 

 

 

 

 

年初に当たりまして、一言ご挨拶申し上げます。                    日頃はひとかたならぬご厚情を賜り、心より厚くお礼申し上げます。          さて、昨年はリーマンショックから2年、政治、経済、自然環境など変化の大きい年であり、新時代の幕開けを予感させる1年であったと思います。 政治は政権交代から政治混迷の時代へ突入し、経済はリーマンショック後のボトムから中小企業を巻き込んだグローバル経済への展開、そして自然環境はご存知、高温暖化へと異常気象が印象付けられた年となったのであります。

我が社においてもようやく底を脱し、存在意義や向かうべき方向性をつかむことのできた1年となりました。 それは、お客様のニーズにお応えしトータルサプライヤーとして本業に徹することです。                                    我が社はご存知のように、鉄鋼建材・機械工具・管材住設の3つの柱で経営をしております。 異業種への進出も重要ではありますが、やはり原点である「まちづくり・ものづくりを応援する!」ことが吉岡幸に課せられた役割・存在意義であると思います。そのためにはお客様との対話をより密にし、お客様のニーズが何なのか、それを実現するために吉岡幸は何をするべきなのかを徹底して追及することがより重要である、すなわち本業から外れないことであります。

 

平成23年・経営指針「全社一丸、新時代への・情・進!」

 

本年はこの経営指針のもとで、全社一丸となって吉岡幸社員一人ひとりがプロ意識をもち、新しい価値ある情報の活用、自らが進化していくことを目標に動してまいります。

当社にかかわりのある皆様方には、是非とも最良のパートナーとしてこれからの新時代に向けて共に歩んでいって頂きたく、よろしくお願い申し上げます。 最後になりますが、本年1年間、皆様にとって更なる飛躍の1年となりますよう、ご祈念申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。